八楽パン

旅に出たときに、その土地でしか売られていない食べ物や飲み物を探すのが好きです。
土産物などではなくて、その土地の日常生活の中で消費されているような商品です。

そんな食べ物の一例として今回取り上げるのは、愛知県新城市の八楽製パンが作っている「八楽パン」。
購入地は飯田線水窪駅近くの小さなスーパー。購入日時は、確か2007年11月ごろです。


hachiraku01.jpg
ウエハウスパン。なぜ「ウエハウス」なんだろう。


hachiraku02.jpg
裏は緑色。味は、見た目以上に甘かった記憶があります。


hachiraku03.jpg
マヨネーズブレッド。


hachiraku04.jpg
あんきり。それにしても、どのパンも安い。


hachiraku05.jpg
鮮やかな緑色。この緑を毒々しいと見るか、美味しそうと見るか。私は後者です。

このほかにも、「チョココルネ」や、やたらと大きい「ナイルパン」など、色々な種類のパンが売られていました。
こういうローカルなパン屋さんは私の地元にもありましたが、なぜか懐かしい感じがしますね。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
備考
更新休止中
ページビュー