冬の只見線(2011年1月) その1

記事:その1 その2 その3 その4 その5

2011年1月8日、冬の只見線に乗った記録です。
なお、2004年5月の只見線乗車記録はこちら


t01 小出
2011年1月8日。
たまたま1回残りの青春18きっぷを手に入れたので、冬の只見線に出かけることにした。
都内から列車を乗り継ぎ、13時過ぎ小出駅着。
18きっぷが使える三連休とあって、上越線から只見線への乗り換え客は非常に多数。
激しい「小出ダッシュ」が展開された。


t02 小出
小出駅ホーム。
雪を溶かす温水が出ていた。


t03 小出
小出駅ホームから。
時おり青空も見える天気。この季節の新潟方面の天候としては、期待以上。青空の下の雪原がきれいだった。

ところが、只見線では除雪作業が難航しているとのことで、列車の出発が大幅に遅れる。
この日の午前は無事に列車が走っていたので、只見線沿線では日中に雪が降ったということなのだろうか。
車掌が、「磐越西線は動いている。会津若松までの移動なら、上越線から磐越西線を回った方が早く着く可能性がある」とのアナウンスを繰り返し行う。
結局、13:17発予定の列車は、予定より2時間ほど遅れて15:10発となった。


t04 薮神
列車最後尾のドアが駅ごとに自動で開いたので、各駅の写真を撮っていくことにする。
ここは藪神駅。


t05 越後広瀬
越後広瀬駅。


t06 越後広瀬
越後広瀬駅名票。


t07 魚沼田中
魚沼田中駅。


t08 越後須原
越後須原駅。
それにしても、各駅ともホームがきれいに除雪されている。


t09 越後須原
越後須原駅の駅舎。
屋根の雪が分厚い。重量も相当なものだろう。


t10.jpg
車窓から見る沿線風景は、すっかり雪の中。

その2に続きます。

テーマ : 駅の風景
ジャンル : 旅行

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
備考
更新休止中
ページビュー