只見線の車窓風景(2004年5月)

福島県会津若松駅と新潟県小出駅を結ぶローカル線、只見線の車窓風景です。
2004年5月15日撮影。

tadami01.jpg
会津と越後の国境地帯を行く、緑の多い路線。


tadami02.jpg
森と水の世界。


tadami03.jpg
会津宮下駅の駅名標。


tadami04.jpg
早戸駅前の風景。只見川の水量の多さを感じる。


tadami05.jpg
川と道に沿って走る。緑に覆われつつあるスノーシェッドが、少し退廃的な雰囲気。


tadami06.jpg
会津川口駅での列車交換。


tadami07.jpg
会津大塩駅前。真っ直ぐに伸びる道と、開けた雰囲気がなんとなく良い。


tadami08.jpg
同じく大塩駅前。ぽつんと自転車が残されていた。


tadami09.jpg
鉄橋を渡り、列車は行く。


tadami10.jpg
只見駅。遠くの山に雪が残る。


tadami11.jpg
只見駅名所案内。近くて8km、遠くて70km。


tadami12.jpg
只見-田子倉間。無骨なスノーシェッドの上に、まだ雪が。


tadami13.jpg
田子倉駅前には民家は1軒もないが、無料休憩所がある。中には水洗トイレもあるとか。
ここ田子倉は浅草岳への登山口になっており、この広場にはテントが張られていることもある。


tadami14.jpg
立派な大白川駅舎。

この後、魚沼の水田地帯を通り、夕方に小出駅着。
上越線乗換えの待ち時間が長かったため、駅を出て左に進み、橋に上がって只見川を渡り、小さな商店街のスーパーで食料調達して駅に戻った。

テーマ : 鉄道旅行
ジャンル : 旅行

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
備考
更新休止中
ページビュー