FC2ブログ

静岡県道288号大嵐佐久間線 踏破記録 その1

日程:2002年7月27日
行程:JR飯田線中部天竜駅―佐久間ダム―静岡県道288号―夏焼トンネル―大嵐駅=富山村―大嵐駅=小和田駅(泊)
記事:その1 その2 その3 その4


 「山さ行がねが」さんでレポートされていたのを見て、古い記録を引っ張り出してみました。ただし、私の記録は「山さ行がねが」さんのような精緻なものではなく、単なる紀行文に過ぎません。

 静岡県道288号大嵐佐久間線は、三遠南信地域に位置する佐久間湖の左岸に沿って伸びる県道です。昭和30~40年代頃には、湖の対岸を走る長野県道・愛知県道・静岡県道1号飯田富山佐久間線とともに、佐久間の町と「日本一のミニ村」富山村を結ぶ道路として機能していましたが、その後大規模な崩落があり道路は寸断。このあたり一帯が土砂崩れを起こしやすい地形であることもあり、そのまま修復を断念され、現在に至っています。

≪注意≫
 このルートには、過去に熊や野犬の出没情報があり、近年はスズメバチが巣を作っているとの情報もあります。また、随所で崩落が発生しており、通過には非常に危険を伴う箇所が複数あります。さらに、長大なルートでありながら途中にエスケープルートもなく、私が訪問した当時はほぼ全域で携帯電話も圏外で、要するにトラブルが発生しても手の打ちようがありません。訪問には、文字通り命の危険が伴います。

 また、この踏破記録はかなり昔(2002年時点)のものであり、現在は、さらに道の崩壊が進んでいるものと思われます。当時と状況が変わり、はるかに通行困難な状態になっている可能性も想定されますので、安易な訪問は絶対にお止めください。


288-01.jpg

≪訪問記≫
 ちょっとしたきっかけがあり、佐久間湖東岸廃道を歩くことになった。同行者はKさん(仮名)。厳冬期を含め先鋭的な登山を行い、諸外国を自転車で放浪し、また、幕営装備を担いで夢想の吊橋を渡り、そのまま不動岳に登ったこともある猛者だ。有り体に言えば、私は添え物としてついて行ったに過ぎない。

 2002年7月26日夜。急な話で「ムーンライトながら」の指定を押さえることができなかった私は、シュラフや非常食を詰め込んだザックを背にして、品川駅7番線ホームの人ごみの中で大垣夜行を待っていた。やがて入線してきた列車に乗り込み、ボックス席の窓側を確保して一息ついていると、Kさんから電話。「これから『ながら』で東京駅を出る。豊橋で落ち合おう」。なんでもKさんは、今日になってヤフオクで「ながら」の指定券を入手したのだとか。見事な手際の良さだ。私は大垣夜行の固い座席を背に、窓にもたれてしばしの睡眠を取る。

 朝4時半ごろ豊橋駅着。駅前のローソンで食料を仕入れ、落ち合う場所に決めていた飯田線ホームに向かい、Kさんと合流。しばし旧交を温め、始発が来るまで空いているベンチで仮眠。そして、今日も飯田線始発はホームに滑り込んできた。列車に乗り込み、それぞれ前回会って以来の山の話などしながら、コンビニで買った朝食を取る。少しお腹が膨れたところで、今日の行程に備えて一眠り。程よく眠ったところで7:45中部天竜駅着。今日はここから6駅先の大嵐駅まで歩くのである。

 駅を出て、準備運動やパッキングなどをして、8:00中部天竜駅発。不思議なぐらい静かな土曜の朝の家並を抜け、大きな川を渡り、細い路地を縫って山の方へ歩く。途中の変電所を見て、Kさんが「ここは石原慎太郎の小説に出てきた変電所だ」などと話す。あたりには人っ子ひとりおらず、少しずつ強くなる夏の日差しが集落を照らすだけだ。今日も暑くなりそうだ。

 車の通行量もまばらな車道を歩き、いくつかのトンネルを抜けて、佐久間ダムに近づく。一番ダムに近いトンネルの途中に、「展望台」という古びた標識があり、トンネルが二手に分岐している。「展望台」方向に道を辿ると、いきなりコウモリのお出迎え。構わず進み、「展望台」と名の付く場所に到着。…確かにダムの全景は良く見える。しかし、この寂れようはどうだ。吹きさらしのコンクリートは歳月を経てすっかり傷み、いくつかの横穴からは無造作に雑木が飛び出ている。昭和30年代、佐久間ダムが完成した当初は、「日本最大級のダム」として全国から観光客が押し寄せたものらしいが、今では足を向ける人も少ないのだろう。人間の気配が感じられない、淡白で巨大な人工物。時間の流れを思わずにいられなかった。

288-02.jpg
佐久間ダム。


288-03.jpg
湖面は静かだった。

 トンネルを抜け、飯田線臨時列車運行時しか走らないバスの停留所や、ダムのほとりに立つ唯一の「静岡県道288号」の標識などをカメラに収めて、いよいよ288号線に足を踏み入れる。しばらく歩くと、右手にコンクリート造りの大きな売店がある。ああ、ここもかつては多くの客を迎えたのだろうが、今では訪れる人もなくひっそりと佇むばかりなのだろう…と思って建物の中をのぞくと、なんと中にはおばちゃんが二人。この売店、営業しているではないか!
 
 さっそく売店の中に入り、アイスや使い捨てカメラを買い求める。アイスを食べながら、不意の来客にこちらも驚いたおばちゃんたちに話を聞くと、現在は長野・愛知・静岡県道1号線も土砂崩れにより通行止めで(このあたりは地盤が緩く、しょっちゅう崩れて通行止めになるらしい)、ここから富山村方面に抜けることはできないとのこと。車の通行量が極端に少ないのはこのためだったのだ。そして288号線については、「何年も前から通行止めで、道は無い」。いや、道はあるのだ。ただ、いくつもの土砂崩れで通行不能になっているだけなのだ。「これからどこ行くの?」と善意で聞いてきてくれるおばちゃんたちに「ええ、まぁ」などと曖昧な言葉を返し、我々はためらいも無く廃道に向かって進む。しかしこの売店、売り上げはあるのだろうか。(注:それから間もなくして閉店し、現在では更地になっているとのこと。)

その2へ続きます。

テーマ : 国内、史跡・名勝巡り
ジャンル : 旅行

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
備考
更新休止中
ページビュー