天北線転換バスの旅(2015年9月) その6

その5からの続きです。

tempoku49.jpg
天北線飛行場前駅の駅名票。
太平洋戦争当時に軍の飛行場があったため、この駅名がついたとか。


tempoku50.jpg
鬼志別駅からの(と思われる)運賃表。(クリックで拡大)


tempoku51.jpg
こちらは発車時刻表。(クリックで拡大)


tempoku52.jpg
バスターミナル前の地面に、天北線の「鬼志別駅中心標」というものが埋め込まれていた。


tempoku53.jpg
鬼志別バスターミナルを出発。たまたま写真を撮った浜鬼志別郵便局は、本当に海のすぐそばにあった。


tempoku54.jpg
海岸には多数の釣り客が来ていて、釣竿を等間隔にたくさん並べていた。
一昨日に乗った釧網本線でも、同じような光景が見られた。帰ってから調べたら、どうやら鮭釣りらしい。


tempoku55.jpg
連休だけあって、宗谷岬も結構な人出。それまでガラガラだったバスにも、ここで沢山の人が乗ってきた。


tempoku55-2.jpg
別角度から。ライダーの旅人も多いようだ。


tempoku56.jpg
16:00前、ようやく稚内駅に到着。約4時間半のバスの旅だった。


tempoku57.jpg
稚内駅はすっかり新しくなっていた。この記事の最後に、12年前の稚内駅の写真が載っている。


tempoku58.jpg
14年前と12年前にも見た「最北端の線路」の看板は、こんな感じで残っていた。ガラスの向こう側にあるので、触れることはできない。
この後、駅併設のセイコーマートで食料を買い、3日連続でスーパー宗谷4号に乗って札幌に戻った。
翌日は特急と東北新幹線を乗り継いで帰京。5日間の旅が終わった。(終)

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
備考
更新休止中
ページビュー