深名線転換バスの旅(2015年9月) その4

その3からの続きです。

shinmei31.jpg
再びバスに乗り、幌加内を出発。ここから先は民家が少なくなってゆく。


shinmei32.jpg
雨竜川を渡る。


shinmei33.jpg
土木遺産に指定された、深名線の第三雨竜川橋梁。傍に案内板なども設置されていた。


shinmei34.jpg
せいわ温泉ルオント。それなりに車が停まっていた。下車したかったが、今回は時間の余裕がない。


shinmei35.jpg
写真では見分けにくいが、またうっすらと虹が出ていた。個人的に、深名線沿線は虹の地域というイメージができた。


shinmei37.jpg
朱鞠内バス待合所。朱鞠内は鉄道の要衝だったが、朱鞠内の集落は、幌加内に比べてはるかに小さかった。


shinmei38.jpg
朱鞠内湖の案内板。


shinmei39.jpg
朱鞠内湖。人造湖と聞いていたが、かなり大きな湖だった。


shinmei40.jpg
民家もほぼ皆無、対向車すらほとんど来ない森の中を延々走り、ようやく眺望が得られる場所に出た。
深川から幌加内まではそれなりに民家も散在していたが、朱鞠内付近から名寄近くまでの山中に関しては、正直、よくもここに鉄道を通したものだと思った。


shinmei41.jpg
山を抜けてしばらく走ると、深名線のハエタタキを模したオブジェを立てている民家があった。そのアイデアと実現力に敬意を表したい。


shinmei42.jpg
ライスセンター前という名のバス停があった。


shinmei43.jpg
天塩川を渡ると、名寄市街に入る。


shinmei44.jpg
17:35、定刻通りに名寄駅に到着。


shinmei45.jpg
深川駅から乗ってきたバスとも、ここでお別れ。
この後、駅近くの大きなスーパー(西條)に買い出しに行き、名寄駅の待合室で夕食。19:32発のスーパー宗谷4号に乗り、21:55に札幌駅に着いた。
なお、翌日は羽幌線転換バスに乗った。(終)

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
備考
更新休止中
ページビュー