深名線転換バスの旅(2015年9月) その1

2015年9月19日から23日まで、「北海道全線フリーきっぷ」を使って、北海道を旅してきた。

shinmei01.jpg
このきっぷは、東京都区内から北海道までの往復乗車券と、北海道内の特急(自由席)・普通車乗り放題きっぷがセットになったもの。
東京~新青森間の新幹線指定席券と、新青森~蟹田間の特急券を追加で購入する必要はあるが、それでも30,650円は大変お得。昔の「ぐるり北海道フリーきっぷ」の後継的なきっぷと言えるだろうか。


shinmei02.jpg
このきっぷを使って、以下の行程で旅をしてきた。

9/19 東京-新青森-函館-札幌-釧路(泊)
9/20 釧路-網走-深川-〔深名線転換バス〕-名寄-札幌(泊。不要な荷物をホテルに置く)
9/21 札幌-深川-留萌本線-増毛-留萌-〔羽幌線転換バス〕-幌延-札幌(泊)
9/22 札幌-音威子府-〔天北線転換バス〕-稚内-札幌(泊)
9/23 札幌-函館-新青森-東京

深名線転換バスに乗った20日は、6:06に釧路駅を出発し、釧網本線→石北本線と移動し、13:33に深川駅に到着した。
(ちなみに、石北本線のオホーツク4号の車内放送では、昔ながらの「アルプスの牧場」のオルゴール(この曲です)を使用していて、とても懐かしかった)


shinmei03.jpg
そして、14:25発の深名線転換バス、幌加内行きに乗車した。乗客は10名くらいで、思ったより多かった。


shinmei04.jpg
田園風景の中を行く。


shinmei05.jpg
上多度志バス停。豪雪・厳寒地帯のせいか、バス停はどこも造りがしっかりしている。バス転換の際の補助金が潤沢だったという事情もあるのだろう。


shinmei06.jpg
手前に田んぼやソバ畑などが広がり、その中に民家が点在、遠くには低めの山がずっと続く、というのが幌加内までの沿線の基本的な風景。


shinmei07.jpg
ところどころ、深名線が走っていた場所の痕跡がはっきり残っている。この写真では、奥の堤防のようになっている箇所が線路跡だ。
また、写真は撮り逃したが、幌成駅の駅舎が沿線の工場の敷地内にそのまま残っていた。(Wikipediaに写真が載っているが、ちょうどこんな感じだった)


shinmei08.jpg
雨竜川が流れる。


shinmei09.jpg
ときおり雨がぱらついたり、晴れ間がのぞいたりという天気だったせいか、大きな虹がかかっていた。しかも二重。


shinmei10.jpg
15:35ごろ、幌加内バスターミナル到着。残っていた5人ほどの乗客は、ここで全員降りた。

その2に続きます。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
備考
更新休止中
ページビュー