失われたもの

lost01.jpeg
枕崎駅駅舎。
2006年3月に取り壊され、今では駅舎のない終着駅になってしまいました。
2002年3月撮影。



lost02.jpeg
只見駅駅名標。
デザインと錆び具合からして、国鉄時代に設置されたものだったのでしょうか。
翌年訪問した時には、新しいものに替えられていました。
2002年6月撮影。



lost03.jpeg
台風による被害で廃線となった、高千穂鉄道。
あの大きな高千穂鉄橋も、もう渡ることはできません。
写真は影待駅駅名標。2003年1月撮影。



lost04.jpeg

lost05.jpeg

最後の日の急行アルプス。
山登りで何度かお世話になったので、新宿駅まで別れを告げに行きました。

当時も今も車両の種類にはほとんど無知ですが、急行アルプスだけには漠然とした憧れがありました。
たくさんの登山者たちを山の世界の入口に運び続けてきた、その歴史に対する敬意の念のようなものかもしれません。

現在は臨時運行の快速ムーンライト信州が同じ路線を走っています。18きっぷが使えるようになり、金銭面での負担は軽くなりましたが、大きなザックを抱えて乗り込んだ「アルプス」を、今でも時々懐かしく思い出すことがあります。


lost06.jpeg
2002年11月30日撮影。

テーマ : 駅の風景
ジャンル : 旅行

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
備考
更新休止中
ページビュー