【山】四国・剣山(2010年5月)

2010年5月3日、四国・剣山に登った記録です。

前日5月2日に愛媛の石鎚山に登り、この日は朝一番で小歩危駅~大歩危駅の駅間歩きを行い、続いて剣山登頂を目指しました。

tsurugisan01.jpg
阿波池田駅から四国交通バスに2時間揺られ、久保に到着。
大歩危駅から先はずっと山中を走るが、断続的に小集落が現れる。


tsurugisan02.jpg
久保集落の廃屋。これまで見てきた集落にも、廃屋が少なからず存在していた。
いわゆる「限界集落」の危機に直面しているのだろうか。


tsurugisan03.jpg
「集荷が1日1回」のポストはよく見るが、「集荷時間が書かれていない」ポストは初めて見たかもしれない。


tsurugisan04.jpg
久保で四国交通バスから三好市営バスに乗り換え、見ノ越を目指す。
久保より奥にも複数の集落があり、小学校が二つ、郵便局も一つある。
写真は名頃小学校。立派な校舎だが、現在の全校児童数は4名とか。

この名頃集落から阿波池田の町に出るには、バスで2時間40分かかるという。
これだけ山深い場所にいくつかの集落が形成されたのは、林業の需要があってのことか、それとも平家の落人伝説に一片の真実が含まれているためか。
住むには何かと不便もあるのだろうが、これだけ自然豊かな土地を故郷に持つことができるのは、少し羨ましい気もした。


tsurugisan05.jpg
阿波池田駅からバスで3時間、ようやく見ノ越に到着。


tsurugisan06.jpg
剣神社へ。


tsurugisan07.jpg
神社の脇から登山開始。


tsurugisan08.jpg
個人的には、前日に登った石鎚山のようなとげとげした山は苦手。じっくり歩ける剣山のような山が好き。


tsurugisan09.jpg
のんびり歩いて、もうすぐ山頂。
それにしても、ジーンズの登山者が珍しくなく、スカート、犬連れ、果てはスーツ姿の登山者までいた。
剣山は平和な山だという印象。


tsurugisan10.jpg
山頂の三角点。


tsurugisan11.jpg
360度、どこを見渡しても山。徳島の山の深さは特筆に値する。


tsurugisan12.jpg
かつて測候所だった建物か。


tsurugisan13.jpg
見ノ越に下山し、祖谷そばを食す。麺が太く、柔らかい食感で美味。


tsurugisan14.jpg
見ノ越からバスを乗り継いで阿波池田駅へ戻る。その後、丸亀から夜行バスで帰京した。

テーマ : 登山・ハイキング
ジャンル : 旅行

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
備考
更新休止中
ページビュー