【山】山梨・高柄山(2016年5月) その3

日程:2016年5月1日
行程:上野原駅(10:10)-御前山分岐(11:05)-新矢ノ根峠(11:45)-高柄山(12:25)-大丸山(13:10)-川合峠-四方津駅(14:35)

2016年5月、山梨・高柄山に登った記録です。その2からの続き。

takatuka25.jpg
大丸山の手前で、いったん林道に出る。


takatuka26.jpg
もう一度登山道に入る。


takatuka27.jpg
13:10、大丸山頂着。特に何もないので、すぐに出発。


takatuka28.jpg
また林道に出て、再度登山道に入る。
それにしても、うるさいほど「熊出没注意」の看板が出ている。ネット上の登山記録を見ても、確かに熊と遭遇した例が複数見つかる。6年ほど前には、登山道ではない尾根を登っていた方が熊に襲われたケースもあったようだ。


takatuka29.jpg
しばらくは林道沿いに登山道が続く。


takatuka30.jpg
ところどころ、斜面の途中に細く登山道が付けられた箇所がある。少し気をつけて歩く。


takatuka31.jpg
麓に近づくと、歩きやすい道になる。


takatuka32.jpg
川合峠に到着。ここからは車道。


takatuka33.jpg
四方津駅が見えてきた。


takatuka34.jpg
桂川を渡る。


takatuka35.jpg
集落の中を歩く。


takatuka36.jpg
14:35、四方津駅に到着。(終)

【山】山梨・高柄山(2016年5月) その2

日程:2016年5月1日
行程:上野原駅(10:10)-御前山分岐(11:05)-新矢ノ根峠(11:45)-高柄山(12:25)-大丸山(13:10)-川合峠-四方津駅(14:35)

2016年5月、山梨・高柄山に登った記録です。その1からの続き。

takatuka13.jpg
道の南側(ゴルフ場側)に、柵が設置してある。熊対策だろうか。


takatuka14.jpg
11:45、新矢ノ根峠着。ここでザックを下ろし、水分を補給する。


takatuka15.jpg
矢ノ根峠への道は、ロープで閉鎖されていた。


takatuka16.jpg
この看板を久しぶりに見た。「態」の誤字が気になる。


takatuka17.jpg
ここまで細い道が続いてきたが、新矢ノ根峠から先は、どういう訳か道が少し広くなる。


takatuka18.jpg
12:25、高柄山頂着。登山客は他に1組3名だけだった。


takatuka19.jpg
北東側だけ、少し眺望が得られる。


takatuka20.jpg
それにしても、この日はあまり登山者と出会わなかった。4時間半ほど歩いて、全部で7~8組くらいか。
すれ違ったおじさんと、「今日は全然人がいませんね」「ゴールデンウィークだから、みんなもっと遠くのいい所に行ってるんだろうね。ハハハ」みたいな雑談をした。


takatuka21.jpg
千足峠。


takatuka22.jpg
千足峠から四方津に下る道は、それなりに踏まれている感じだった。


takatuka23.jpg
こちらは地図にない道。高柄山の南東の金山集落に続くようだが、あまり歩かれている感じではなかった。


takatuka24.jpg
コモアしおつが見える。

その3に続きます。

【山】山梨・高柄山(2016年5月) その1

日程:2016年5月1日
行程:上野原駅(10:10)-御前山分岐(11:05)-新矢ノ根峠(11:45)-高柄山(12:25)-大丸山(13:10)-川合峠-四方津駅(14:35)

2016年5月、山梨・高柄山に登った記録です。

takatuka01.jpg
朝8:00過ぎ起床。中央線の電車に乗り、途中の立川駅で下車してカレーを食べ、10:00過ぎにようやく上野原駅に到着。日焼け止めを塗り、準備運動をして、10:10に出発。


takatuka02.jpg
桂川を渡る。


takatuka03.jpg
天気は上々。気温は暑いぐらい。


takatuka04.jpg
集落の中を歩く。


takatuka05.jpg
雰囲気のある路地裏が続く。


takatuka06.jpg
墓地を通り過ぎた先から、土の道になる。


takatuka07.jpg
ここから登山道に入る。


takatuka08.jpg
歩く人が少ないのか、道幅は結構狭い。ただ、しっかり踏まれているので迷うことはない。


takatuka09.jpg
御前山への分岐。


takatuka10.jpg
登山道の南側にゴルフ場が見える。


takatuka11.jpg
小さなアップダウンが、繰り返し続く。ここは鞍部。


takatuka12.jpg
沢沿いの道を行く。

その2へ続きます。

【山】丹沢・鍋割山(2014年12月) その2

日程:2014年12月27日
行程:寄(7:25)-栗ノ木洞(8:50)-鍋割山(10:05-10:45)-小丸尾根-大倉(14:00)

2014年12月、丹沢・鍋割山に登った記録です。その1からの続き。

141227-14.jpg
鍋割山荘。味のある建物。


141227-15.jpg
料金表。山価格としては標準的。名物として名高い「鍋焼うどん」を頼む。


141227-16.jpg
鍋焼うどん。卵、ねぎ、エノキダケ、しいたけ、ほうれんそう、なると、かぼちゃの天ぷら、油揚げなどが入った、具沢山のうどん。土鍋で提供されて本格的。これで1,000円は、山の食事としては非常に良心的。


141227-17.jpg
富士山を眺めながらうどんをいただく。長く記憶に残るおいしさだった。


141227-18.jpg
こちらは小田原方面の市街地。きっと夜景がきれいだろう。


141227-19.jpg
山頂でのんびり40分過ごし、10:45に塔ノ岳方向へ出発。


141227-20.jpg
快適な稜線の道。それにしても、すれ違う人は圧倒的に若者が多い。10年~15年前を考えると隔世の感がある。


141227-21.jpg
分岐から、小丸尾根を下る。


141227-22.jpg
この写真はまだ霜が溶け残っているが、あちこちですっかり霜が溶け、道がぐちゃぐちゃにぬかるんでいてすべりやすい。尾根の両側はやや急斜面になっている箇所も多く、時間をかけて慎重に下る。


141227-23.jpg
12:50、二俣まで下る。登りに比べて下りは苦手。いつも時間がかかる。


141227-24.jpg
西山林道を歩く。


141227-25.jpg
14:00、大倉バス停着。(終)

【山】丹沢・鍋割山(2014年12月) その1

日程:2014年12月27日
行程:寄(7:25)-栗ノ木洞(8:50)-鍋割山(10:05-10:45)-小丸尾根-大倉(14:00)

2014年12月、丹沢・鍋割山に登った記録です。

141227-01.jpg
今年の登り納めに、丹沢の鍋割山へ来た。新松田駅からバスに乗り、7:25に寄(やどりき)バス停を出発。
同じバスに乗った登山者は、自分のほかに2人だけだった。


141227-02.jpg
気温は-3℃。寒さがこたえる。


141227-03.jpg
茶畑の脇の道を歩き、登山道へ。


141227-04.jpg
しばらくは、段差のないゆるやかな道が続く。


141227-05.jpg
1回林道に出る。


141227-06.jpg
坂が少し急になる。それにしても、木々の手入れが行き届いている。


141227-07.jpg
8:35、櫟山着。眺望は良い。


141227-08.jpg
もう少し歩いて、8:50栗ノ木洞着。こちらは樹林帯の中だが、広々としていて良い雰囲気。


141227-09.jpg
栗ノ木洞からいったん下る。こうして見ると、鍋割山の稜線まで登るのもずいぶん大変そうだなと思ったが、登ってみたら案外あっさり登れた。


141227-10.jpg
後沢乗越付近は、ちょっと崖っぽくなっている。大倉からの登山者が合流し、ここから人が増える。


141227-11.jpg
急坂を登る。途中、ボッカの若者を追い抜く。10代後半くらいのあどけない表情の子だったが、かなり大きな荷物を担いでいて、歩くペースも早かった。


141227-12.jpg
山頂に近づくと、次第に傾斜が緩くなる。


141227-13.jpg
10:05、鍋割山頂到着。

その2へ続きます。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
備考
更新休止中
ページビュー